最近、免許を取るにしてもMT車なんて世の中にあまり出回っていないんだから、AT免許でもいいじゃないか、という風潮になりつつあるように思えます。しかし、果たしてそれはどうしてなのでしょうか?
MT車は、AT車に比べて操作が難しいから。この理由も確かにあるかもしれません。
しかし、実際の答えはMT車が世の中に出回っていないから、ということのようです。なぜ出回っていないのかの答えを知ると納得できると思います。
それは、「昔はMT車のほうが燃費が良かったけれど、近年ではAT車のほうが燃費がいいというように、逆転してしまったから」です。
利点を無くしたMT車は、白い眼で見られるようになり、結果的に廃れていった、というわけなんですね。
MT車が世の中に出回っていない理由、案外知っているようで知っていないのではないでしょうか?納得してもらえれば幸いです。